生活に役立つ文化的な情報を掲載します。


本日のキーワード : <福島第一原子力発電所> <記録的短時間大雨情報> <原子力安全・保安院> <玄海原子力発電所> <女川原子力発電所> <日本弁護士連合会> <日本原子力発電> <福島第二原発> <ひたちなか市> <福島第一原発> <原子力発電所> <経済産業省> <常陸大宮市> <東北電力> <郷原信郎> <東京電力> <気象庁> <筑西市> <水戸市> <岩沼市> <郡山市> <喬木村> <仙台市>

記事のタイトル : <客船から転落 大学生2人不明> <大型客船から男性2人転落か> <福島・宮城で4人けが> <首都圏では5人けが> <気象庁 “巨大地震の余震”> <4号機の冷却装置 試運転へ> <茨城 男性が左手首を骨折> <原発紛争解決の弁護士起用へ> <豪雨 2人死亡4人行方不明> <福島で震度5強 巨大地震の余震か> <東北・関東の原発に異常なし> <引き続き土砂災害に警戒を> <知事発言 面会メモ分析し調査> <浸水被害 2県で5000棟超> <記録的豪雨 各地で警戒を> <20万人 避難指示・勧告続く> <長野で記録的短時間大雨情報> <“知事発言 引き金の可能性”> <豪雨で2人死亡4人行方不明> <11棟全壊 浸水3000棟超>

記事の内容 :
客船から転落 大学生2人不明 2011/07/31 10:33
31日未明、東京から八丈島に向かっていた大型客船から乗客の男性2人が転落し、第3管区海上保安本部が巡視船と航空機で捜索しています。いずれも大学生で、デッキでふざけていたところ、1人が海に転落し、もう1人が救助しようと海に飛び込んだということです。


大型客船から男性2人転落か 2011/07/31 07:41
第3管区海上保安本部に入った連絡によりますと、31日午前2時20分ごろ、東京から八丈島に向かっていた大型客船「かめりあ丸」から男性2人が転落したということです。2人が転落したとみられるのは大島の東およそ14キロの海上で、海上保安本部は巡視船と航空機を使って捜索しています。


福島・宮城で4人けが 2011/07/31 07:10
震度5弱を観測した福島県郡山市の消防によりますと、この地震でいずれも郡山市に住む90歳と69歳の女性が自宅で転倒して病院に運ばれました。消防によりますと、このうち90歳の女性は右足を骨折した疑いがあり、69歳の女性は右足の痛みを訴えているということです。また、仙台市消防局によりますと、仙台市内の60代の女性が地震の揺れに驚いて部屋の電気をつけようとして転倒し、病院に搬送されたほか、宮城県岩沼市消防本部によりますと、岩沼市内でも74歳の女性が避難する際に腕をぶつけて病院に搬送されたということです。2人ともけがの程度は軽いということです。


首都圏では5人けが 2011/07/31 07:10
この地震で首都圏では茨城県と千葉県で合わせて5人がけがをしました。このうち震度4を観測した茨城県ひたちなか市では、60代の男性が地震でベッドから落ち、左の手首を骨折したということです。同じく震度4を観測した水戸市では60代の男性が地震に驚いてベッドから降りようとしたところ転倒し、かかとを打つけがをしました。さらに震度5弱を観測した茨城県常陸大宮市と震度4を観測した茨城県筑西市、そして震度3の揺れを観測した千葉県柏市で、いずれも80代の女性が部屋の中で転んで頭や肩などに軽いけがをしました。


気象庁 “巨大地震の余震” 2011/07/31 06:46
福島県で震度5強の揺れを観測した地震について、気象庁の永井章地震津波監視課長は午前6時前から記者会見を開き、「今回の地震は太平洋プレートと呼ばれる海底の岩盤の内部で起きたと推定される「逆断層」と呼ばれるタイプの地震で、3月の巨大地震の余震とみられる」と説明しました。そのうえで「巨大地震の余震は活発な状況が続いている。揺れが強かった地域では地盤が緩み、落石や土砂災害などの危険性が高くなっているので、今後、余震による強い揺れや雨には十分注意してほしい」と話しています。


4号機の冷却装置 試運転へ 2011/07/31 06:46
東京電力福島第一原子力発電所の4号機では、水温が高い使用済み燃料プールで冷却装置の設置や壁の補強が終わり、東京電力は31日にも装置の試運転を始めて安定的な冷却を目指すことにしています。


茨城 男性が左手首を骨折 2011/07/31 05:33
震度4を観測した茨城県ひたちなか市の消防本部によりますと、午前4時5分ごろ、市内に住む60代の男性が地震でベットから落ちてけがをしたと、この男性の家族から通報がありました。救急隊が現場で確認したところ、男性は左手首を骨折するなどしていて、現在、病院に搬送中だということです。


原発紛争解決の弁護士起用へ 2011/07/31 05:33
東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡って、被災した住民や企業などからの賠償や補償を迅速に進めるため、日本弁護士連合会は、国が設置する予定の紛争解決機関で和解の仲介を行う専門家として100人規模の弁護士をリストアップして対応することになりました。


豪雨 2人死亡4人行方不明 2011/07/31 05:09
この豪雨によって新潟県で2人が死亡し新潟県と福島県で合わせて4人が行方不明になっています。また、住宅が土砂で壊れたり水につかったりするなど建物の被害もおよそ5000棟に上っています。


福島で震度5強 巨大地震の余震か 2011/07/31 07:15
31日朝早く、福島県沖で地震があり、福島県楢葉町と川内村で震度5強の揺れを観測しました。東北などでは大雨で地盤が緩み、土砂災害の危険性が高くなっていることから、気象庁は、余震による強い揺れに十分注意するよう呼びかけています。


東北・関東の原発に異常なし 2011/07/31 04:45
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、東京電力福島第一原発と福島第二原発、宮城県にある東北電力の女川原子力発電所、それに茨城県にある日本原子力発電の東海第二原子力発電所からは、これまでのところ異常があったという連絡は入っていないということです。


引き続き土砂災害に警戒を 2011/07/31 04:04
30日まで記録的な豪雨となった新潟県と福島県では天気が回復していますが、災害の起きやすい状態が続いています。31日も東日本を中心に大気の状態が不安定になって局地的に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、急な天気の変化に注意するよう呼びかけています。


知事発言 面会メモ分析し調査 2011/07/31 04:04
九州電力の玄海原子力発電所の説明会を巡るメール問題で、佐賀県の古川知事が説明会の前に九州電力の幹部と面会し、原発の運転再開を容認する意見を出すことも必要だと伝えていたことが分かりました。九州電力には、知事との面会の内容を記載したメモが残されていて、メール問題を調査する第三者委員会は、メモの内容を分析して知事の発言がメール問題に与えた影響を詳しく調べることにしています。


浸水被害 2県で5000棟超 2011/07/30 23:23
今回の豪雨で新潟県では11棟の住宅が土砂崩れなどで全壊したほか、新潟県と福島県で合わせて5000棟を超える住宅が水に浸かりました。


記録的豪雨 各地で警戒を 2011/07/31 00:09
猛烈な雨が降り続いた新潟県と福島県では、降り始めからの雨量が7年前の「新潟・福島豪雨」を上回り、記録的な豪雨となりました。気象庁は川の増水や土砂災害に警戒を続けるよう呼びかけています。


20万人 避難指示・勧告続く 2011/07/30 21:25
この豪雨で、新潟県と福島県には、依然としておよそ20万7000人に避難の指示や勧告が出されています。新潟県では引き続き9の市と町の20万1000人余りに避難の指示や勧告が出されています。また、福島県では6つの市と町のおよそ5300人に避難勧告などが出されており、新潟と福島の2つの県で避難の指示や勧告が出されているのは、合わせておよそ6万8000世帯の20万7000人に上っています。


長野で記録的短時間大雨情報 2011/07/30 20:28
気象庁によりますと、長野県の喬木村付近ではレーダーによる解析で、午後6時半までの1時間におよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を出して今後の雨に一層、厳重に警戒するよう呼びかけています。


“知事発言 引き金の可能性” 2011/07/30 20:28
玄海原子力発電所の説明会を巡るメール問題で、佐賀県の古川知事が説明会の前、九州電力の幹部に原発の運転再開を容認する意見を出すことも必要だと伝えていたことがわかりました。九州電力第三者委員会の郷原信郎委員長は、30日夜、記者会見し、古川知事の発言が、今回のメール問題につながった可能性は十分にあるとして、今後詳しく調査する考えを示しました。


豪雨で2人死亡4人行方不明 2011/07/31 00:09
この豪雨によって新潟県で2人が死亡したほか、新潟県と福島県で合わせて4人が行方不明になっています。


次の記事