生活に役立つ文化的な情報を掲載します。


本日のキーワード : <福島第一原子力発電所> <原子力規制委員会> <エボラ出血熱> <シエラレオネ> <千葉工業大学> <福島第一原発> <川内原発> <六ヶ所村> <東京電力> <福井県> <青森県> <原発> <原発>

記事のタイトル : <1号機の建屋カバー 試験的取り外し> <日本版NIHのトップに慶応大学医学部長> <流星観測カメラ「半年以内めどにNASAに」> <iPS細胞から胃の粘膜の組織作製に成功> <福島第一原発 建屋カバー試験的取り外し始まる> <関西電力 高浜原発の安全対策提出へ> <福島第一原発建屋のカバー試験的に取り外しへ> <使用済み核燃料再処理工場 完成は再来年3月に> <現地派遣の看護師「受け入れ断らざるをえず」>

記事の内容 :
1号機の建屋カバー 試験的取り外し 2014/10/31 11:57
東京電力福島第一原子力発電所1号機で、建屋に散乱している大量のがれきの撤去作業に向け、建屋を覆うカバーの一部が試験的に取り外されました。東京電力は周辺の放射線量などを監視していて、これまでのところ変化は見られないとしています。


日本版NIHのトップに慶応大学医学部長 2014/10/31 09:43
政府は31日の閣議で、最先端医療の研究開発の司令塔となる、いわゆる「日本版NIH」の中核組織、「日本医療研究開発機構」の初代理事長に、慶応大学医学部長の末松誠氏を起用することを了解しました。


流星観測カメラ「半年以内めどにNASAに」 2014/10/31 08:20
アメリカで無人の宇宙輸送船を載せたロケットの打ち上げが失敗した事故で、流れ星を観測するための特殊なカメラの開発に当たり、現地で打ち上げを見ていた千葉工業大学の研究員が、30日帰国し、「予備のカメラで準備を進め、半年以内をめどにNASAにカメラを引き渡したい」と述べ、プロジェクトの成功に向けた抱負を語りました。


iPS細胞から胃の粘膜の組織作製に成功 2014/10/31 07:21
体のさまざまな組織になるiPS細胞から、食べ物を消化する胃の粘膜の組織を作り出すことに、アメリカの研究グループが成功しました。


福島第一原発 建屋カバー試験的取り外し始まる 2014/10/31 07:53
東京電力福島第一原子力発電所1号機で、建屋に積もったがれきを撤去するため、31日朝から建屋を覆うカバーの一部を試験的に取り外す作業が始まりました。東京電力は放射性物質が飛び散らないか監視しています。


関西電力 高浜原発の安全対策提出へ 2014/10/31 06:57
福井県にある高浜原子力発電所の再稼働を目指す関西電力は、新しい規制基準に基づく審査での指摘を踏まえて修正した安全対策の書類を取りまとめ、31日にも原子力規制委員会に提出する方針です。書類に不備がなければ、規制委員会は鹿児島県の川内原発に次いで、審査に合格したことを示す審査書の案の作成に入ることになります。


福島第一原発建屋のカバー試験的に取り外しへ 2014/10/31 04:17
東京電力は、福島第一原子力発電所1号機のがれきを撤去するため、31日から建屋を覆うカバーの一部を試験的に取り外して放射性物質が飛び散らないか監視することにしていて、地元からは安全性の確保を求める声が上がっています。


使用済み核燃料再処理工場 完成は再来年3月に 2014/10/30 21:21
青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場について、事業者の「日本原燃」は、原子力規制委員会の審査が終わっていないことから、今月としていた工場の完成時期を再来年3月に延期することを決めました。


現地派遣の看護師「受け入れ断らざるをえず」 2014/10/30 19:34
エボラ出血熱の患者が増え続けている西アフリカのシエラレオネで医療支援に当たってきた日本人看護師が帰国し、「ベッド数が足りず、患者の受け入れを断らざるをえなかった」と現地の厳しい状況を説明し、国際社会の支援を訴えました。


次の記事